契約学習ネットワークは、学校や高齢者向けに契約や悪徳商法に関する講演活動をしています。


契約学習についての詳細は契約学習とは?をご覧ください。
過去の講演については、講義実績をご覧ください。

2016.5.27 日本福祉大学契約学習講座

先週に引き続き、講義を実施しました。今回は日本福祉大学の経済学部「地域福祉と共生」の授業での講座です。

昨年から美浜キャンパス→太田川キャンパスに会場が変わりました。

IMG_3227-400

IMG_3229-400

今回はこのような案内板まで用意されていました。
1限の授業です。4時起きで参加してくださった岐阜メンバーもいました。

IMG_3234-400

まず遠山さんの解説から。今回の新ネタは・・・なんと家族問題!

IMG_3235-400

息子・・・Amazonで太極拳パンツ【黒・Lサイズ】を依頼

父・・・【青・Mサイズ】を購入

IMG_3236-400

通信販売は、原則クーリングオフできません。購入側の注文ミスなので、返品はできませんでした。

家族会議では4対1で「父が悪い」ということになりましたが、会場にも問いかけた結果、9対1くらいで同じ結果に(より情勢は悪化)。

みなさまもネットショッピングは気を付けましょうね。

IMG_3238-400

次に藤川さんによるクイズ。

IMG_3260-400

クーリングオフできるかどうかのYES/NOクイズです。

今回の全問正解者は5名でした。少ないように見えますが、なかなかの成績です。

IMG_3268-400

次は恒例の寸劇。デート商法にコロッと引っかかる事例です。

今回も寸劇要員も確保ということで総勢7名が参加しました。

 

◆アンケートを見てびっくり!

用紙一杯に記入していただくと嬉しいものです。

IMG_3272-400

 

IMG_3273-400

 

IMG_3274-400

これから20歳を迎える学生の皆様、悪質商法ごときで人生を暗転させないようにしてください。

「断る」「簡単にハンコを押さない」「契約能力があることの自覚」などにより、身を守ってください。

 

 

 

カテゴリー 大学, 東海, 講座
2016.5.19 恵那市民生委員児童委員協議会 全体研修会講演

本日は岐阜県恵那市の岩村コミュニティセンターで民生委員・児童委員様向けに契約学習講座を行いました。

140名のご参加をいただきました。

今回は(今回も)メンバーの遠山行政書士に全体構成、寸劇台本、スライドなど全てを準備していただきました。

恵那市民生委員児童委員協議会総会全体研修会(契約学習ネットワーク)

恵那市民生委員児童委員協議会総会全体研修会(契約学習ネットワーク)

メニューは次の通りです。

1.解説:消費者契約とは

2.恵那市での消費者被害

3.寸劇
(1)電話勧誘による送り付け商法
(2)ネットショッピングの定期購入取引
(3)サクラサイト商法

4.代表挨拶

5.最近の傾向と相談窓口の案内

今回は時間の関係上、クイズはありませんでした。

寸劇では途中ドッカンドッカン笑いが起こったのは嬉しかったですね。

悪質商法の被害を防ぐには、知識を増やすだけでなく、日頃のコミュニケーションが重要です。ちょっとした声掛けや、聴ける間柄の人がいるかどうかがポイントになります。

そういう意味では、日頃コミュニケーションを生む仕事をされている民生委員さんの存在は極めて大きいです。もし気に留まることがあれば、市の消費者相談などにおつなぎいただければと思います。

恵那市のみなさま、及びいただきありがとうございました。

 

カテゴリー 社会人, 講座, 高齢者
2015.6.24日本福祉大学講演

6/25は恒例の日本福祉大学での契約学習講座でした。

今回でなんと9年目となります。月日の経つのは速いものです。そして今回から美浜町の(南知多ビーチランドそばの)キャンパスではなく、太田川の新キャンパスに移りました。

メンバーは遠山さん、三好さん、橋本さん、保方さん、近藤さん、私でした。

聴講兼カメラマンで坂下さんのご参加もいただきました。ありがとうございます!

DSC_0023-400

まずは遠山さんの解説からスタートです。事例が豊富で、ドキッとした生徒さんも多かったことと思います。

DSC_0031-400

次は橋本さんによるクーリングオフクイズ。クーリングオフできるかどうかの○×クイズですが、今回は5問中4問目で全滅でした・・・

外れるようにクイズを用意しているので、衝撃を受けていただければ、今後警戒心をもって契約の場面に臨むことができると思います。安易に契約書にサインしないでくださいね。

DSC_0055-400

次はお待ちかねの寸劇。台本を見ながら素人っぽく演じるのが特徴です。純真無垢な若者がデート商法にコロッとひっかかる物語です。

DSC_0063-400

最後に私(小坂)からごあいさつ。社会に出ていき、悪質商法の被害者にならないことはもちろん、加害者になってしまうリスクもあります。実際にあった「加害者であり、被害者でもある」事例を紹介しました。悪質業者でアルバイトをして、自らも商品を買わされて借金をしていたという事例です。ひどい話です。

みなさまが悪質商法ごときで人生を壊すことのないように、明るい未来を失わないようにしていただきたいものです。

DSC_0070-400

おまけ。終了後の大学の先生、契約学習スタッフとの打ち合わせ風景です。

感想文を見ると、しっかり我々の想いが伝わっていることが分かります。これから広大な海に出ていく20歳前のみなさま、強くたくましく世の中を渡っていってください!

カテゴリー 大学, 東海
2014.6.17 日本福祉大学契約学習講座

今日は日本福祉大学で契約学習講座を実施しました。

南知多ビーチランドのある知多奥田駅、毎年恒例の講座です。

日本福祉大学契約学習講座

大学の校舎入口には歓迎の看板と花が!!

(*いやさすがに花は我々宛てではありませんけどね)

今回はメンバー7名が参加。

遠山さん、藤川さん、古家さん、橋本さん、保方さん、三好さん、そして私です。保方さんは晴れて司法書士開業となりました。おめでとうございます!

日本福祉大学契約学習講座

クイズタイム。藤川さんの軽快なトークで盛り上がりました。

今回の全問(5問)正解者は4名。景品は池井戸潤作品の小説で、3つしかなかったのでジャンケン大会です。お一人残念でした・・・

日本福祉大学契約学習講座

こちらは寸劇の風景。三好さんもすっかり騙され役がハマってきました。

日本福祉大学契約学習講座

遠山さんが法律や契約、社会人になるときの注意などを解説。日福大OBということもあり、後輩たちが被害に遭わないよう、力の入った解説です。

 

さて、講座終了後に受講アンケートを拝見しました。

日本福祉大学契約学習講座アンケート

1.「注意力アップ」

日常生活において悪質商法の意識をするだけでも随分変わってくると思います。「これは危ないぞ!」と思ったらすぐに契約しない、ハンコを押さない。これが重要です。

日本福祉大学契約学習講座アンケート

2.「騙される方も問題がある」

騙される人がいなければ、騙す人もいなくなるのでは?と常日頃考えています。だからこそ、20歳を控えた学生のみなさまに、講座をお聞きいただきたいと思っています。被害者予備軍を減らしたいものです。

日本福祉大学契約学習講座アンケート

3.「現実社会に出る前でよかった・・・」

現実社会に近いような事例を紹介しなければ、聞いてもらえません。だから、身近な商品やサービスを題材にしてクイズ・寸劇を作っています。実際に起こるかもしれない、ということで悪質商法の怖さを感じていただけるかと思います。

デート商法は、今回は騙されておしまい、という例でした。しかし、現実には、20代の騙す側のアルバイト・社員も会社に無理やり宝石等を数百万円分買わされていたという事例もあります。ぜひこういった商法に敏感になっていただきたいものです。「おかしい!」と思ったらすぐに相談するなど、危機回避の対策を練らなければなりません。

日本福祉大学契約学習講座アンケート

4.「周りの人も守ってあげたい!」

講座を聴いた本人だけでなく、周囲も守ってあげたいという感想。素晴らしいですね!

今回は最後にその話を入れなかったのですが、我々の意図を汲んでいただいた感想を書いていただき、とても嬉しく思います。ぜひ大切な家族やご友人をこれから守ってあげてください。

日本福祉大学契約学習講座アンケート

5.「あみるさんキレイ(^^)」

これは番外編。

橋本さんに1票入りました。

実際、綺麗な人が突然声をかけてきたときに、過去にこういう寸劇を見ていたら、「あっ、これってひょっとして怪しいやつじゃないか??」と警戒することができます。そうでなければノーガードになるかもしれません。

学生時代に初めて大阪に行ったときのことを思い出します。にぎやかな駅ビルの通路で女性の声で「ちょっと」と斜め後ろから声をかけられました。(自分が何かしたのかな?と思い)びっくりして振り返ると宝石の勧誘でした。世の中いろいろな商売の仕方があるな~、都会は怖いな~と思った瞬間です。当時就職活動をしていたのですが、初々しいリクルートスーツの姿を見て、相手方も「20歳過ぎてるな」とカモ扱いしていたのかもしれません。怖い怖い。

 

さて、感想にも書いていただいたのですが、講座を聴いていただき、聴いた本人が被害に遭わないのはもちろん、みなさまの家族や友人も被害に遭わないように願っております。家に帰ってクイズを親御さんにも試してみる、というのはよくあるパターンです。親御さんもまず全問正解はしないので、子供はそれが嬉しいのですね。それで「お母さんも引っかかるね~!」などと言いながら、楽しみながら注意喚起が広がっていけば理想的です。

この契約学習の活動も10年が経過して、その間様々な悪質商法が生まれ、トレンドも変わってきました。インターネットの発達による影響もあり、日常生活の中で実に多くの罠が潜んでいるとも言えます。

そんな中、知識を学生のみなさんに詰め込み続けるだけでは対策としてあまり効果がないと思っています。やはりそれ以前に「警戒する意識」「断る勇気」や「日頃の周囲とのコミュニケーション」が重要となってくるように思えます。

未公開株の詐欺被害も相変わらず出ています。「そんな儲かる話、わざわざ他人に持ってくるか?」と思いませんか?儲かるのであれば、他人に教えずに自分が投資しますよね。

冷静に考えれば絶対にお金を払うことなどないと思うのですが、なぜか被害は続いています。これは、電話勧誘などで「断れない」「電話を切ることができない」という、日本人の優しい性格にも関連があります。

具体的な被害を知ることと、根本的な対人能力で、悪質商法の被害を減らすことができると信じています。地道ではありますが、契約学習の活動を引き続き進めていきたいと思います。

今日ご参加いただいた生徒のみなさん、日福大スタッフのみなさま、ありがとうございます。

そしてこれからお会いするみなさま、どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー 大学, 東海

Tags:

2014.1.24恵那南高校契約学習講座

1/24は岐阜県の恵那南高校で契約学習講座を実施しました。

20歳を控えた高校3年生約100名と先生のみなさまに御参加いただきました。

メニューは、悪質商法の実態、恵那市の被害状況、SNSやアプリの注意点をお話しし、その後クイズ、寸劇といつものスタイルで講座を行いました。

参加メンバーは恵那市の消費生活相談員でもある遠山さんを中心に、橋本さん、保方さん、三好さん、そして私(小坂)の5名です。

恵那南高校契約学習講座

(クイズの風景)

クイズでは、「クーリングオフできるかどうか?」全5問の出題で、最初にみなさま起立していただき、不正解の人に着席してもらうのですが、今回は2名が全問正解!

2問目あたりで全滅することも多い中、全問正解2名は素晴らしいですね!

 

寸劇は、「素人っぽくて面白く聴けた」というありがたい回答もありました。実はそれを狙っていますので(笑) こなれた演技だと見慣れているので飽きてしまいます。台本を見ながら素人っぽく、というのが逆に新鮮だろうという狙いがあるのです。

 

後日、アンケートをいただきました。

アンケートの回答内容については、こんな感じです。

恵那南高校契約学習講座感想

「自分自身の身を守るだけでなく、周囲の人も守ってあげて下さい!」というメッセージを講座の最後にお伝えしたのですが、この回答のように、家族を守ってあげたいので具体的な行動に移すというのが素晴らしいですね!

他にも約100名、アンケートをいただいたのですが、全員(「ほぼ全員」ではありませんよ!「全員」)がびっしり感想を記入してくださいました。こんなことは10年の活動の中で初めてです。字も丁寧に書かれていました。嬉しいですね!

恵那南高校のみなさまが近い将来悪質商法に襲われても、ちょっとした知識と断る勇気、日頃のコミュニケーションにより、悪徳業者を撃退してくれることを期待します。悪質商法ごときで大事な人生を壊してはいけません。

今回のように、20歳を控えた方に契約学習の話を聴いていただくと、即効性があります。学校関係者のみなさま、ご興味がありましたら声をかけてくださいね!

カテゴリー 東海, 講座, 高校